木造住宅に最適なアフターメンテナンスとは|大阪府堺市・兵庫・京都・奈良の注文住宅、リフォーム 吉村一建設

2017年10月03日

こんにちは、吉村一建設の関谷です。

 

当社ではお引き渡しの後6ヶ月点検と2年点検にお伺いしています。

なぜ6ヶ月と2年なのか。今回は、その理由をご説明させていただきます。

夢のマイホームが完成して、幸せな生活がスタート!と思った途端、クロスに隙間ができてきた、建具がずれてガタガタする、なんていうケースも…。

「新築を購入したのに、もう不具合だなんて!」

不安な気持ちになるのは、当然のことですよね。

 

そんな不安を解消するためには、木造住宅の性質をお伝えする必要があると思います。

木は生きています。木造住宅も“生き物”と思ってください。

乾燥すれば収縮し、湿気を含めば膨張します。

それに伴い、気になる箇所が出てくることもしばしば。

 

当社ではお客様に、「まずは6ヶ月、様子を見てください」とお伝えしています。

木が動いている途中に直してしまうと、他の場所に支障が出ることも。

木造住宅は、頻繁に手を加えないことが大切なんです。
木が落ち着く頃、6ヶ月点検にお伺いし、すべて手直しさせていただきます。

 

また、その後も少しずつ木は動きます

そこで、次にお伺いするのがご入居の2年後です。
その時点での不具合を調整すれば、もう安心!木造住宅を知り尽くした私たちにお任せください。

とはいえ、「どうしても気になる!」という場合には、いつでもお気軽にご相談くださいね!

Facebook twitter Line Instagram
  • 土地活用:福祉施設建築
  • 土地活用:賃貸住宅建築